観音院へのアクセスサイトマップ

いたわり 慈しみ 思いやり 相手の立場で考える  十善戒護持のお寺
観音院(かんのんいん)ロゴ かん    のん   いん
合法格物致知山 永徳寺 観 音 院

HOME >>法主さま
観音院について
法主さま
住職さま
丁重な法要(参拝自由)と格式のある葬儀
よくある質問
観音院までのアクセス
観音院のみ仏さま・御本尊さま・仏像仏画
観音院施設のご案内
僧侶養成講座
寺院規則
 
お問い合わせ
観音院(かんのんいん)
E-Mail:
電 話:
082-233-5000
082-232-8251
FAX:
082-232-8260
所在地:
〒733-0032
広島市西区東観音町10-2
(地図)
 
観音院モバイルサイト
  Twitterボタン
法主さま
法主さま

勧裕住職晋山

昭和52年
7月18日
勧裕第15世住職晋山(しんざん)。
運営と財務の公開を実行。宗教界に
とっては青天の霹靂と言うべく、
かつ評価される運営の導入であった。
勧裕住職はこの10年後に引退され、腰に鈴を付けて起居往来を明示し、生活態度を清潔に、戒律を大切にされていたので「鈴之僧正」と言われていた。
写真植字機導入と同時に東芝ワープロJW10を導入、電算植字機にワープロ
入力を計画。
日刊布教紙「朝の言葉」発刊。
昭和53年
1月17日
冊子「ミニ&ミニ観自在」を発刊し
「朝の言葉」を統合。
昭和54年
8月
観音院全面立替え工事着工、オフセット印刷機廃棄。社会保険・厚生年金・労災・雇用保険が適用される。
この年から町世話人よる夏祭などを
寺主催に改める。
平成元年 寺什器に、大般若経が乾坤2組用意された。
テレホン法話開始、定例法要を毎日午前10時、正午、午後2時とする。
以来毎月第1日曜日に弟子数十名が
「大般若転読法要」を執行して今日にいたる。
平成21年
7月
喜寿のお祝いがリーガロイヤルホテルで盛大に営まれた。
寺の運営は電算化が進み、サーバー
1台に端末4台で寺務を執行し、月刊(観自在)32ページ全ページはカラー印刷、平成28年には 430号に達した。
パソコンは法主3台、住職3台、観自在編集室に2台、職員用3台、製作室には印鑑彫刻機、カッティングプロッター、レーザー彫刻機を全てパソコンで動かしている。
これは全て法主さんの指導によるものである。
寺内の給水はセントラル清浄機を通して供給している。
   
平成23年
4月
「鈴之僧正」の名称を住職さまへ移転。
新しいお名前は「融通無碍(ゆうずうむげ)」、正しくは、融通無碍僧正となった。
   
平成28年
1月11日
法主さま(融通無碍僧正)、遷化。
「いたわり、慈しみ、思いやり、相手の立場で考える」ことを信条とし、親切で優しい人柄だったため、死後も信徒を見守ると約束し、遺骨は観音院山門入口の左手にある大日堂に永代供養されている。

厄年厄除・家内安全・商売繁昌・身体健康・学業成就・入学試験合格祈願・安産守護・家族祈願・交通安全・無事成長・その他悩み事・困り事の相談は駆け込み寺の観音院。毎日 午前10時・正午12時・午後2時から三座の法要を執行し、皆さまの御祈願を拝ませて頂きます。

Copyright (C) Kannon-in Temple. All rights reserved.